ミサルテのカードゲームあれこれ。

ドラゴンクエストライバルズをはじめとして、シャドウバース、マジック:ザ・ギャザリングなどのカードゲームについて気になったあれやこれを云々。

シャドウバースアンリミテッドデッキ調整(6月17日)

Hello everyone, this is Shadowverse's time!(挨拶)

 

ここは筆者がシャドウバースのデッキを調整のために回してみた結果を無造作に投げつけるための板です。

 

今回はアンリミテッドのデッキを少し回してみました。

 

環境は起源の光、終焉の闇が最新です。

 

使ったデッキはこちらのエイラビショップ。

 

f:id:missalte:20180618005501j:image
f:id:missalte:20180618005515j:image

 

前回は何故か天狐が2枚しか入ってなかったのを3枚にして確定サーチにしました。ケリュネイアも悪くはないのですがアミュレットが足りなかったり、白翼の守護者・アイテールの効果が不安定になったりしたので統一しました。後は運良く月と太陽を引いたので入れました。アマテラスはエイラの祈祷ととても相性が良いと思います。ゴブリンプリンセスは展開用のカードですが、もしかすれば詠唱:蛇神の宴でも良いかもしれませんね。天狐の社はオシャレ刺しで、特に意味はないです。他に良いカードが見つかれば変えます。

 

  • 6/17 エイラビショップ 8-2(フリーマッチ)


f:id:missalte:20180618005246j:image
f:id:missalte:20180618005300j:image

このデッキはコントロールと言うよりはコンボデッキに近いです。ぶんまわりは、2ターン目に詠唱:獣姫の呼び声を置いて、3ターン目にエイラの祈祷を設置、4ターン目は除去と詠唱:宝石の甲羅で5ターン目に天狐で大体勝ちます。本当はスノーホワイトプリンセスがいるともっとアグロに強くなるはずです。

 

 

とにかく、これが今日のすべてです。ではまた。

シャドウバースアリーナ(2pick)結果(6月17日)

Hello everyone, this is Shadowverse's time!(挨拶)

 

ここは筆者がシャドウバースのアリーナ(2pick)を回してみた結果を無造作に投げつけるための板です。

 

今回は1回回してみました。

 

環境は起源の光、終焉の闇が最新です。

 

  • 6/17 ビショップ 4-1

×ネメシス先手、 ○ロイヤル後手、 ○ドラゴン先手、 ○ビショップ先手、 ○エルフ先手

 
f:id:missalte:20180617222213j:image
f:id:missalte:20180617222226j:image
f:id:missalte:20180617222240j:image

持久戦最強のデッキ。聖獅子の神殿が3枚取れたのでゆったり出来るように交換多めで回しました。2枚聖獅子の神殿を貼ると聖獅子の結晶を8ターン目からエンハンスで2回打てる(しかも2pp余る)ので展開力でごり押すことが出来ました。2pickで4/4を処理し続けるのは難しいですね。負けたネメシスはすりかわりが多く、また、月と太陽で押し込まれました。ネメシスは2pickでは最強レベルですね。

 

グランプリのおかげでうわブレ力がついてきたのかもしれませんね。ミスも少しありましたが少なくなってきているので、続けていきたいと思います。

 

とにかく、これが今日のすべてです。ではまた。

シャドウバースグランプリ結果(6月13日、DBNローテーション杯 vol.2)

Hello everyone, this is Shadowverse's time!(挨拶)

 

シャドウバースのグランプリ(DBNローテーション杯 vol.2)を回してみた結果を報告したいと思います。

 

環境は、起源の光、終焉の闇+アディショナルカードが最新です。

 

使ったデッキはこちらのアグロ()エルフです。

 
f:id:missalte:20180613230909j:image
f:id:missalte:20180613230921j:image

 (プレミアム抜けば1ページなんですがせっかくならプレミアム使いたいとかいう理由で2ページになってます。。。)

 

もともと手札がフェアリーで溢れやすいデッキですので何かしらに使えないかなと言う事で。妖精の使役者を増やしてフェアリーを除去の弾として使うことにしました。代わりに抜いたのは森荒らしへの報いです。そもそもフェアリーが邪魔になるときもあるので。結局レジェンドなしの安価構築ですね。どこまで喰らいつけるか。

 

さて結果は。

 

決勝ラウンド(6/13) エルフ2-1

f:id:missalte:20180613231851j:image

 

○ 指揮官ロイヤル後手 ○ 復讐ヴァンパイア後手 ×ミットレンジロイヤル後手

 1回戦は3ターン目にルミナス騎士団の旗印を置かれてなんだこれとか思ってたら指揮官が円卓会議やらなんやらでわらわらして負けかけましたがトップからクリスタリア・エリンが駆けつけてなんとか捲って勝ちました。流石に6/8守護突進3点回復は強いです。
f:id:missalte:20180613232339j:image
f:id:missalte:20180613233201j:image

2戦目は復讐ヴァンパイアで相手の先手4ターン目の選択で勝敗が別れたかなと思います。大魔法の妖精・リラをこちらが展開したときに糸蜘蛛の悪魔で効果を使わされると思ったのですがフェイスを優先して来ました。結果、オシャレ女王・ネルシャで糸蜘蛛の悪魔を倒し、大魔法の妖精・リラで人狼の王・ヴァルツを倒したのですが、次のターンに緋色の剣士を出して来ていたので糸蜘蛛の悪魔で大魔法の妖精・リラの効果を使わせておけば緋色の剣士の効果で人狼の王・ヴァルツを倒した生物を倒せたかもしれませんね。一応こっちは対空射撃があるのでそこまで酷いことにはなりませんが。後は終盤、ここしかないタイミングでクリスタリア・エリンが駆けつけて勝ち。このカード本当に頼りになります。好き。
f:id:missalte:20180613235714j:image
f:id:missalte:20180613235808j:image

 3戦目はミットレンジロイヤルで刃ネズミが止まらず良いとこなしで負け。横並びデッキはカシオペアさんがいれば押し戻せる盤面が多いのでちょっとだけ欲しいなと思いました。

 

3回目のグランプリにして初めて決勝ラウンドで勝利することが出来ました。やっぱりレジェンドの暴力がないと勝てないかなと思っていましたが、そんなことはなく、クリスタリア・エリンをはじめとしてゴールド以下のカードでも十分に戦えました。結局、単純なアグロエルフは対策カードが多く、しんどいことが分かったので少しロングゲームを見据えた構築にして良かったと思います。ただ、そこまでコントロール寄りのデッキはないと言われていたのでヴィーナスを他のカードにしたほうが良かったかもしれませんね。ゴールド以下で入れるならフェアリーセイバーや自然の教え手・アレア辺りでしょうか。

 

今回のMVPは、文句なしで、クリスタリア・エリンです。8ターン目と9ターン目はこのカードを出しておけばなんとかなります(笑)

 

さて次回のグランプリはアンリミテッドかもしれませんが頑張って優勝まで行きたいですね。

 

とにかく、これが今日のすべてです。ではまた。

シャドウバースグランプリ結果(6月9日〜6月11日、DBNローテーション杯 vol.2)

Hello everyone, this is Shadowverse's time!(挨拶)

 

シャドウバースのグランプリ(DBNローテーション杯 vol.2)を回してみた結果を報告したいと思います。

 

環境は、起源の光、終焉の闇+アディショナルカードが最新です。

 

使ったデッキは引き続きこちらのアグロエルフです。

 
f:id:missalte:20180612014237j:image

 

歴戦の鷹匠はパワーが1ということが少々気に食わなかったので2/2/2の愛の妖精・ポーラに置き換えました。これで茨の森も戻しやすくなりますね。

 

さて結果は。

 

  • 1日目(6/9) エルフ0-2(ドロップ)

画像はないです。

× 原初ドラゴン先手 × 原初ドラゴン後手

眠い中やったら進化権の使い時をミスって(全体2点を打たれても良いように体力を3にすべきでした。。。)4点損して残り1点がつまらず負け。そんなことしてればデッキに見放されるのも当たり前で、2回目は手札事故から相手がブンで負け。たまらずドロップ&就寝。

 

  • 2日目(6/10) エルフ0-2(ドロップ)

 
f:id:missalte:20180612015156j:image

 

× アグロエルフ先手 × 原初ドラゴン先手

アグロエルフ戦は1マナ引けず1マナ引かれて負け。リーフマン以外ケア(1枚もう使ってる)できてたのですがリーフマン引かれちゃいました。原初はあと2点が届かず。先にアイナが走って来て負け。目なしにつきドロップ。

 

  • 3日目(6/11) エルフ4-1


f:id:missalte:20180612015845j:image

f:id:missalte:20180612015756j:image
f:id:missalte:20180612015808j:image
f:id:missalte:20180612015830j:image

 

アーティファクトネメシス先手 × アーティファクトネメシス先手 ○ 原初ドラゴン先手 × 原初ドラゴン後手 ○ 原初ドラゴン後手

これが俺の。。。アグロエルフだ!(爆) どう見てもミットレンジエルフです本当にありがとうございました。ドラゴンの全体除去と言いドラゴンフォロワーの2/1/3の氷の奴と言いアグロエルフにめっちゃ効くので、もういっそぶん回ったときだけアグロすれば良いかの心で微妙な速度のエルフになりました。ネメシスにはもともと有利だと思います。茨の森を使い回して勝ち。原初ドラゴン1回目はアグロして勝ち。ブンブンでした。原初ドラゴン2回目は原初に残す用の除去を間違えて使って、あ、やばいなと思ったら出て来て負け。南無。原初ドラゴン3回目は原初ドヤ顔(※イメージです)進化置きされるもネルシャから悪魔のドレス、対空射撃で上手ぶって勝ち。

 

3日目に4-1で無事決勝ラウンドに進出することが出来ました。アグロエルフの立ち位置の悪さが露骨に出た結果になりました。原初に勝てないまではいかなくても結構しんどいのでミットレンジエルフにする方が楽なようです。にしてもミスが多すぎますね。改善せな。

 

何はともあれに進出ラウンド出来たので優勝目指して頑張っていきます。

 

とにかく、これが今日のすべてです。ではまた。

ドラクエライバルズ闘技場結果(6月9日)

Hello everyone, this is Dragon Quest Rivals' time!(挨拶)

 

ここは筆者がドラゴンクエストライバルズの闘技場を回してみた結果を無造作に投げつけるための板です。

 

ドラゴンクエストライバルズの新弾が追加されて環境は大きく変化してると思いますがどうでしょうか。

 

環境は不死鳥と大地の命動が最新です。

 

さて今回は1回回してみました。

 

6/9 ピサロ 6-3

 

f:id:missalte:20180610025146j:image
f:id:missalte:20180610025200j:image

 

今回は普通にピックしてみました。普段なら取らない、いてつくはどうが入っているのがポイントでしょうか。アリーナの稽古相手の修正値を消したり最後の詰めに使えると思い採用しました。マナカーブが下に寄ってるのは勇気の扉とかで高マナが来る受けで、来たら良いなとピックしていましたが見えず。少し高マナがパワー不足なので、アグロっぽく攻めないといけませんね。結果として、序盤に有利を築いてそのまま勝つことが多かったです。負けたのはアグロっぽいアリーナと奇跡のつるぎ入りテリーとシドー入りのトルネコです。新しいカードのうち、どくやずきんはとても良い活躍をしていました。序盤終盤問わずちくちくとダメージを与えてライフレースを有利に運べました。2/2/3なのでいつ来ても使いやすいですね。魔界の磁場も使いやすいカードで、中盤テンションスキルと同時に使って4/3を2体出したり、長期戦時はフィニッシャーにもなっていました。3/2が4/3になると雲泥の差がありますね。どぐうせんしは難しいカードで、特にアリーナに対してなのですが、前衛に出したくないけれど後列だとダメージを受けてしまう、と言うことがありました。バリア床は作り得という訳でもないのでプレイが難しいです。いてつくはどうはときおり手札に来て1枚分くらいの働きをしてました。1枚ならピックしても良いと思います。

 

今回負けた試合ではジャガーメイジが刺さった場面がありました。そもそもマドハンドとマッドフィンガーが入っているので仕方ない部分もありますが無警戒でやっている部分も多いです。ジャガーメイジはレアなのでそれなりにピックされているとは思いますが、ケアすればほぼ勝てる状況でなければ無視して展開することが多いです。ゼシカだけはイオがあるので自然とケアしているときもあります。どちらにせよケアしすぎて損しないように意識しないといけませんね。他に使われたカードとしては、サンディを1ターン目から使われましたが、テンション上げとサンディで2マナ持っていかれて窮屈そうだなと思いました。リソースとしては優秀ですが1/1/1なのでマナカーブに合った展開があるならそれでも良いかもしれません。あとデスマエストロを出されて、がいこつを持っていかれると困りますね。セクシービームでもそうですががいこつを取られると盤面が崩壊します。ですが、デスマエストロの使い時はそれくらいかもしれないですね。それでも4/4/4なので良いとは思います。

 

ピサロはこれまでも強かったですが新環境でも上位にいそうですね。相手から見て、デスストーカーを警戒したりもしないといけないと思うとやりにくいかもしれません。盤面整理は自分からするより相手からして欲しいので、整理の圧力はかなり有利に働きます。

 

とにかく、これが今日のすべてです。ではまた。

シャドウバースグランプリ結果(〜6月7日、DBNローテーション杯 vol.2)

Hello everyone, this is Shadowverse's time!(挨拶)

 

シャドウバースのグランプリ(DBNローテーション杯 vol.2)を回してみた結果を報告したいと思います。

 

環境は、起源の光、終焉の闇+アディショナルカードが最新です。

 

使ったデッキは引き続きこちらのアグロエルフです。

 
f:id:missalte:20180608003037j:image

 

特に変更点はなく。大魔法の妖精・リラがアグロには合ってない気がしてならないのですが他に替えたいカードもないのでそのままです。このデッキではアグロ一辺倒ですが少し4マナを増やしたりして少しだけ遅めに調整するのも良いかもしれないです。入れるなら自然の教え手・アレアでしょうか。

 

さて結果は。

 

  • 3日目(6/7)

 

f:id:missalte:20180608003550j:image

 

○ アグロエルフ先手 ○ ドラゴン先手 ○ リアニメイトネクロ(?)先手 × ニュートラルウィッチ後手 ○ 呼び覚まされし禁忌ウィッチ先手

 

4-1で無事Aグループに進出することが出来ました。昨日(2018/6/7)は忙しかったのでプレイ出来ませんでしたがAグループに上がれて良かったです。運良く4回先手を引いて、よしなにプレイ出来たのが勝因かと思います。

 

ニュートラルウィッチとの対戦は簡単に息切れしてしまいました。このデッキはインセクトキングが入っていないため、こちらが後手で相手の2ターン目に2/2/2を出されると止まってしまうことが多いです。筆者の後手の戦い方が下手なだけかもしれませんが。歴戦の鷹匠は可もなく不可もなくといった印象で、2/2/2のカードの方が強いのかなと言う気もします。少し考えどころですね。後手番では活躍したりするのでしょうか。

 

何はともあれAグループに進出出来たので決勝ラウンドに残れるように頑張っていきます。

 

とにかく、これが今日のすべてです。ではまた。

シャドウバースグランプリ結果(6月5日、DBNローテーション杯 vol.2)

Hello everyone, this is Shadowverse's time!(挨拶)

 

シャドウバースのグランプリ(DBNローテーション杯 vol.2)を回してみた結果を報告したいと思います。

 

環境は、起源の光、終焉の闇+アディショナルカードが最新です。

 

使ったデッキはこちらのアグロエルフです。


f:id:missalte:20180605234100j:image

 

アディショナルカードの歴戦の鷹匠を入れてみました。アグロエルフは除去の少ないデッキに強く、回復の多いデッキやAoE(全体火力)があるデッキに弱いと言う特徴があります。また、4ターン目の1+1+妖精の調べと言うドブンがあるのが特徴で4ターン目ではありえないほどの戦力を展開することができます。本来はレジェンドのカシオペアを1枚入れてみたり、インセクトキングを入れたりするのですが資産の関係でこんな感じの安価デッキになりました。正直環境を把握できてないので何が良いかは分かりませんが、アグロなら相手の事故を咎めやすいため、うわブレして4勝以上できるかもしれないので選びました。格上にも勝てる可能性があるのは大事です。

 

さて結果は。

 

1日目(6/5)

 
f:id:missalte:20180606000930j:image

 

○ 呼び覚まされし禁忌ウィッチ先手 ○ 原初ドラゴン先手 × ニュートラルエルフ後手 × アーカスネクロ後手 ○社ビショップ後手

 

3-2で残念ながらAグループには届かず。ニュートラルエルフ戦ではエルフの双撃を2枚使われて盤面が崩壊したのが原因で負けました。もともと遅いエルフには不利がつくので仕方ありませんね。月と太陽でアマテラスを出されたのもキツかった原因です。4ターン目ゴブリンエンペラーからゴブリンを引かれたのもですが。アーカスネクロは茨の森が刺さるため特に不利ではないと感じましたが、使役者なら勝ちから3ターン引けず負け。全体として、このデッキは先手で輝くはずなのでキチンと先手で勝ちを取れたのは良かったです。

 

アグロはミスったらそのまま負けるので熟練度が足りないかもしれません。それ故、ぶっつけ本番で挑むのは厳しいですね。後2日でなんとかなるでしょうか。まぁ頑張ります。

 

とにかく、これが今日のすべてです。ではまた。