ミサルテのカードゲームあれこれ。

ドラゴンクエストライバルズをはじめとして、シャドウバース、マジック:ザ・ギャザリングなどのカードゲームについて気になったあれやこれを云々。

ドラクエライバルズランクマッチ結果(5/30、バトルロード杯)

Hello everyone, this is Dragon Quest Rivals' time!(挨拶)

 

今回は構築戦、ランクマッチを行ったので結果を書きたいと思います。

 

待ちに待った新弾、不死鳥と大地の命動が追加されました。どんなデッキと当たるのでしょうか、楽しみです。

 

使ったデッキこちらの自家製ドラムトルネコ

 
f:id:missalte:20180530220406j:image

 

デスタムーアが怖いのでおっさん呼びを抜きました。ただでさえ1個テンションを下げられるとカード枚数が心許なくなるのにもかかわらず、2や3下げられたらたまったもんじゃないですからね。代わりにゴールドマンを増量。理由は宝箱が使っていて楽しいからです、間違いない。分裂の杖が来たときはキーファ来たらキーファ増やせるか試したろ!(キーファに分裂の杖を使うとキーファのコピーが作成され、2体のキーファは分裂の杖が使われた状態になっているはずなので両方いっぺんに倒さないと分裂の杖を回収されキーファが居座り続ける。。。はず)と意気込みましたが、普通にドラム叩いて勝ったので出来ませんでした。本当のところは手札のカード枚数を7ターン目に7枚にすることを目的としてカードの展開を阻害せずに枚数のキープが可能なためです。

 

さて結果は。

 
f:id:missalte:20180530221417j:image

 

無事6-1でダイヤモンド5まで上がることが出来ました。

内訳はこんな感じになります。(当ったデッキの種類が多すぎて画像が2枚になってしまいました。)

 
f:id:missalte:20180530221737j:image
f:id:missalte:20180530221703j:image

 

不死鳥と大地の命動後はこんな感じです。


f:id:missalte:20180530222210j:image

 

トルネコの大量展開による圧死は次環境でも通用しそうですね。先手ではほぼ負けなしなのが興味深いですね。唯一負けたコントロールククールはましょうぐもを使ってホイミベホイミでダメージを飛ばしてくるタイプのデッキで、メーダロードを入れている筆者のデッキの天敵と言える存在です。ただ、ましょうぐもと魔道士ウルノーガしか回復とダメージを入れ替えるユニットがいないので引かなければ即負けそうです。どこまで安定させられるかが注目ポイントです。

 

とりあえず今回のランクマッチはダイヤモンドまで来ましたが、もらえるのがちいさなメダルばかりだったのでモチベーションが保てないですね。ドラクエのゲームでちいさなメダルを集めたのは戦いに有用な装備や道具のためで、飾りのために集めてたのでは無いことに気が付いて欲しいです。正直新弾効果がないとランクマッチを回さなかったかもしれません。来月のランクアップ報酬は期待していますよ。

 

とにかく、これが今日のすべてです。ではまた。