ミサルテのカードゲームあれこれ。

ドラゴンクエストライバルズをはじめとして、シャドウバース、マジック:ザ・ギャザリングなどのカードゲームについて気になったあれやこれを云々。

ドラクエライバルズ闘技場解析(トルネコ編)

Hello everyone, this is Dragon Quest Rivals' time!(挨拶)

 

ドラゴンクエストライバルズの闘技場解析の5人目は種を使って盤面強化、交換に強い商人ことトルネコです。テンション技が直接盤面に干渉しないため、1回盤面を取られると厳しいのは構築よりもリミテッドで如実に現れてきます。そのため、プレイが難しいので玄人向けかもしれません。

 

さて力の咆哮後の構築ではたたかいのドラムによって大幅に強化されたトルネコですが、闘技場はどう変わったのでしょうか。早速見ていきましょう。

 

●ノーマル

 つちわらし、クックルー、あおだけ童子、ヘルホーネット、はがねのそろばん、宝の小箱、ヘルボックル、ダンビラムーチョ、ごろつき、マッスルウータン

15枚中10枚がプレイアブルなカードだと思います。トルネコのテンション技の特性上生物が多く必要になることから、超ちからのたねや成長の果実はデッキの安定性を下げるので取りたくないと判断しました。それでも超ちからのたねがあるおかげで、デッキに入れてなくてもブロックが組みづらいのは良いところと言えます。カードの種類が2マナと4マナに偏っており気にしながらピックすると良いかと思います。

 

●レア

アロードッグ、商人のソロバン、いかづちの杖、オーシャンクロー、もみじこぞう、バロンジャッカル

13枚中6枚がプレイアブルです。どうしても生物が存在していないときに使えないカードは評価を下げざるを得ません。この中ではバロンジャッカルがずば抜けて強いです。2枚まではマストピックでしょう。6マナでもそれなりなので3枚以上あっても良いかもしれません。アロードッグも2点飛ばせれば3マナ以上のマナ効率を持ちます。ただ先攻だと少し厳しいですね。

 

●スーパーレア

シーメーダ、ザバン、あらくれ呼び

9枚中3枚がプレイアブルに感じます。種とのコンボ前提のカードは引きムラにつながるので少し評価を下げてます。代わりと言ってはなんですが他はとても強いカードで、マナコストが一つ上の仕事をしてくれます。

 

●レジェンド

リッカ、キラーマジンガ

トロデは有利を凄く有利に変えるカードなのでそこまで必要ではないと思います。リッカは単純な息切れ防止に役に立ちます。キラーマジンガは能力が使えないと少し弱いぐらいですが、全体に点を飛ばせれば一気に勝利が近づきます。

 

総じてプレイアブルなカードが少ないリーダです。ただ普通の生物でもトルネコの手にかかれば1ランク上の相手とでもトレードできますので生物を多めに取っておけば安定して戦えると思います。

 

次は闘技場はホントに運任せ!?、ミネアについて見ていこうと思います